JAみのりについてabout

ごあいさつGreeting

JAみのりは、平成12年4月北播磨の4つのJAが合併して発足しました。
組合員農家をはじめとする地域のみなさまが、相互にしあわせを実感できるように、協同の理念のもとで「あなたの笑顔が私のよろこび『みのりあるくらし』のお手伝い」というスローガンをもって“ホスピタリティJA”を宣言しています。

管内は、酒米の王様「山田錦」の出荷量において日本一のシェアを誇っています。
JAみのり産山田錦は、全国150以上の蔵元に販売され、吟醸酒・大吟醸酒など高級酒として国内はもとより、海外での人気も高まっています。
さらに、黒田庄和牛や播州百日どり、たきのなす、東条山の芋、黒大豆など、いずれも安心、安全、高品質な農畜産物を、自信を持ってみなさまの食卓へお届けしています。

また、農業振興とともにJAバンクでお馴染みの貯金・ローン等の金融事業やLIFEアドバイザーが活躍するJA共済など様々な事業を展開して、地域のくらしを支える活動も行っています。

職員はみな、ふるさとを豊かにしようという気持ちを大切にし、自らの担当する仕事を通じて、地域社会に貢献するよう意識しています。

「飛び立とう!豊かな未来へ」これからも成長を続けるJAみのりに、より一層のご期待と変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます

JAみのり経営理念Management Philosophy

JAみのりは「地域・ひと・くらしの未来づくり(ゆたかなみのり)をめざします。

JAみのりは、加東市、三木市、西脇市、多可町で構成される兵庫県の北播磨地域にあります。 豊かな地域資源を守りながら、地域農業の振興はもちろん、組合員・地域住民の皆様が安心して暮らせるまちづくりを応援いたします。

  • 地域JAは、地域社会の中で役立つことにより生かされている存在(組織)であり、いま組合員、地域社会は何に困っているのか、何を求めているのかを見つけだして、即実行していくことです。地域の中で異なる立場の人々が互いにその役割を認め合い、共に生きていく社会=共生社会をめざすことで、地域の様々な人々との結びつきをさらに積極的に広げていきます。
  • 一人ひとりが主人公として、顔の見える存在として、認め合う関係づくりが何よりも大切になります。わたしたち一人ひとりの期待や要望にフィットした、的確な対応がJAみのり事業の基本原則になっています。
  • くらし一人ひとりの暮らしの中での問題を、JAから確かな情報を適時に提供し、JAの事業サービスを通じて解決に導くことです。「最善のアドバイス」「最高のもてなしと最良の商品・サービス」を提供することを絶えずめざしています。
  • JAとはJA(農業協同組合)とは、農業者と地域の人々が「組合員」となって、相互扶助の精神のもとに組織した非営利団体です。行政等の関係機関と連携し、組合員農家の農業経営と生活を守るとともに、より良い地域社会の構築を目指しています。
    JA(農業協同組合)は、「一人はみんなのために、みんなは一人のために」という協同組合精神のもとに、肥料や農薬などの資材の共同購入、農産物の共同販売をはじめ、貯金や貸出などの信用事業、生命・建物・自動車などの共済事業、高齢者福祉、健康管理、旅行など、様々な事業を幅広く展開しています。

JAみのり概況Overview

兵庫県の中央部に位置するJAみのりは、三木市、加東市、西脇市、多可町の3市1町をエリアとする農業協同組合です。
南北に約50km、東西に約30km広がり、南は神戸市に隣接、北は1,000mを超える山があるなど、環境に地域差は見られるものの、豊かな自然が広がっています。

随一の特産品は、酒造好適米「山田錦」。管内の各地で生産しており、年間取扱量は約7,400t(元年産)で、生産量・品質の両面で日本一の産地を誇ります。

また、神戸ビーフの素牛である「黒田庄和牛」、「播州百日どり」といった畜産業が盛んなほか、「よかわぶどう」、「吉川いちご」、「たきのなす」、「やしろの桃」、「播磨やしろ茶」、「東条山の芋」、「日本のへそゴマ(金ゴマ)」、「たがーりっく(ニンニク)」など様々な果樹・農産物が栽培されています。

地域の地場産業は、三木市の「金物」、西脇市・多可町の「播州織」、加東市・西脇市の「釣り針」など。「金物」は、豊臣秀吉の時代から500年の歴史を持ち、現在も鏝のシェアは約90%超え。「播州織」も400年の伝統の中で、海外の一流ブランドに生地を提供するなど、高品質な製品を流通させています。

JAみのりでは、組合員・地域住民の期待やニーズに応えるべく、営農・金融(JAバンク)・共済(JA共済)・介護・旅行といった様々な事業やサービスを、総合的かつ多彩に展開しています。
地域を支え、地域と歩むJAとして、誰からも信頼されるJAづくりに努めてまいります。

組合データ

令和3年3月31日現在

正式名称
みのり農業協同組合
代表者
代表理事組合長 神澤 友重
本店所在地
〒673-1431 兵庫県加東市社1777-1
(電話)0795-42-5141(代表)
(FAX)0795-42-5145
組合員数
36,737人(正組合員:15,750人、准組合員:20,987人)
みのり農協における
正組合員である認定農業者の調査結果について
役員数
28人(理事[内常勤4人]:23人、監事[内常勤1人]:5人)
職員数
546人(正職員:388人、従業員・パート:158人)
自己資本比率
15.81%
組織機構図
令和3年度機構図(PDF)
ディスクロージャー
ディスクロージャー誌2021(PDF)
ディスクロージャー誌2020(PDF)
ディスクロージャー誌2019(PDF)
ディスクロージャー誌2018(PDF)
ディスクロージャー誌2017(PDF)

主要事業取扱高

令和3年3月31日現在

貯金残高
4,641億円
貸出金残高
682億円
長期共済保有高
6,126億円
購買品供給高
24億円
販売品販売高
44億円

エリアの農業概況

耕地面積と作付状況

水田面積
8,230ha
米作付面積 ※1
5,473ha
その他
212ha
合計
8,530ha

※1品種:山田錦、ヒノヒカリ、コシヒカリ、きぬむすめなど

農家戸数

専業農家
956戸
兼業農家
7,199戸

農畜産物

黒田庄和牛
約1,000頭
播州百日どり
約15万羽
播州赤どり・
ひょうご味どり
約18万羽
その他特産品
ぶどう、いちご、黒大豆、黒大豆枝豆、東条山の芋、ピーマン、たきのなす、播磨やしろ茶、やしろの桃、金ゴマ、ニンニクなど

ページトップへ